まぁ彼女の言う事ももっともな視点だよね。

自ら覚悟を持って出た人間への行動リスクと

国家元首元夫人という国外での経験則からの視点

純日本人的な道徳観が後半あるのが

この人らしい言い分。

デヴィ夫人

大それたことをした 湯川さんと 後藤記者

まぁスノボや雪山登山で遭難する人たちへの
対応に共通するけど、遭難や誘拐されたら
行政や国は、ほっとけないからね。
いつも自己責任論が出るけど。
御嶽山の時と一緒でなぜ火山へ登ったんだ。という
意見は出ないでしょ。
在外案件とはいえ、国際協調しながら
政府は対応できることをやったと評価するしかない。
ヨルダン政府も事情があって、日本政府の要望を丸呑み
することはできない状況だった様子。
自国のパイロットが捉えられていても。

常に背景は様々で正否の判断は難しい。
後藤さんジャーナリストとしての功績を
評価したい方は広めてあげたらいいかと思います。

意図せず殺害された御二方の冥福を祈ります。